メニュー

安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)短縮教育 講習会のご案内 | きらめき労働オフィス

安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)短縮教育 講習会のご案内

近年の墜落防止用の個人用保護具に関する国際的な動向および災害事例を踏まえ、作業内容に応じた墜落防止用の個人用保護具の使用に関する規制の見直しやフルハーネス型墜落防止用保護具を用いる労働者に対して、フルハーネス型墜落防止用保護具に関する知識等の特別教育を必要とする規制の見直しが検討されました(第114回労働政策審議会安全衛生分科会)。

厚生労働省では、「高さ2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務」をおこなう者に特別教育を義務づけました。

上記の内容は、2019年2月1日より施行し適用されます。

この流れに従ってきらめき労働オフィスでは、法の趣旨に基づき必要な内容を国の安全衛生機関である中央労働災害防止協会が認める講師が法律に基づいて教育を実施します。講習を修了しますと修了者として認定されます。

※講習申し込みが殺到することが予想されますため、早期のお申込みをおすすめいたします。各回申し込みが埋まり次第受付終了させていただきます。

ハーネス③ M

安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)の短縮教育の対象者

本講習の対象者は、以下の①、②のいずれの条件も満たすものを対象といたします。

①受講時点において高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところでフルハーネス型を用いて行う作業に6月以上従事した経験を有するもの
②足場の組立て等特別教育、ロープ高所作業特別教育のいずれかの講習を修了しているもの

①②を証明するものとして、事前に事業主証明および講習修了証の写しをご提出していただきます。

現場仲間 M

安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)短縮教育 カリキュラム

事項教育時間

1.作業に関する知識

・作業に用いる設備の種類、構造及び取扱い方法
・作業に用いる設備の点検及び整備の方法
・作業の方法

1時間

2.墜落制止用器具(フルハーネス型のものに限る。以下同じ。)に関する知識

・墜落制止用器具のフルハーネス及びランヤードの種類及び構造

・墜落制止用器具のフルハーネスの装着の方法
・墜落制止用器具のランヤードの取付け設備等への取付け方法及び選定方法
・墜落制止用器具の点検及び整備の方法
・墜落制止用器具の関連器具の使用方法

2時間

3.労働災害の防止に関する知識

・墜落による労働災害の防止のための措置
・落下物による危険防止のための措置
・感電防止のための措置
・保護帽の使用方法及び保守点検の方法
・事故発生時の措置
・その他作業に伴う災害及びその防止方法

1時間

4.関係法令

・安衛法、安衛令及び安衛則中の関係条項

0.5時間

5.墜落制止用器具の使用方法等<実技>

・墜落制止用器具のフルハーネスの装着の方法
・墜落制止用器具のランヤードの取付け設備等への取付け方法
・墜落による労働災害防止のための措置
・墜落制止用器具の点検及び整備の方法

1.5時間

当オフィスの安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)の特徴

  • 国の安全衛生機関である中央労働災害防止協会が認定している安全帯使用従事者特別教育インストラクター資格者が教育いたします。
  • 研修のプロの専門家が登壇するため、分かりやすく教育いたします。
  • 一方向の講義ではなく、リラックスして楽しんで学んでいただく双方向の講義スタイルを心掛けています。
  • 講習を修了され、認定されますと修了証を即日発行いたします(プラスチック製の修了カードをお渡しいたします)。
  • 社会保険労務士等の専門家も在籍しており、労働災害防止、メンタルヘルス・ハラスメント対策など職場の安全衛生管理について深いアドバイスをさせていただくことも可能です。

きらめき労働オフィスの発行する修了証

安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)のカリキュラムを受講していただきました当日修了時に、修了証としてプラスチック製のカードをお渡しいたします。

修了カードは、建設現場で提示が求められた場合や書類提出時の証明書類として必要な場合等、ケースに応じてご利用ください。

また、紛失・破損されました場合は、再発行しますので当オフィスまでご連絡いただきますようお願いいたします。

※右図はサンプルになります。

足場の組立て等特別教育修了証サンプル20170723

講習会日程

場所会場時間備考 
大阪 ●● ●月●日(●) ●:●-●:● 定員●名
大阪 ●● ●月●日(●) ●:●-●:● 定員●名
大阪 ●● ●月●日(●) ●:●-●:● 定員●名
大阪 ●● ●月●日(●) ●:●-●:● 定員●名
大阪 ●● ●月●日(●) ●:●-●:● 定員●名

料金案内

講習名料金(税込)
安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)短縮教育 4,000

※料金には、資料、修了証、諸経費等が含まれています。
※修了証発行にあたり、事前に受講者の氏名、生年月日をご用意いただき、お申込み時にください。修了証を即日発行いたします。 

申し込み方法

講習会のページからお申込みを受付していますので、講習会ページからお申込みください。

 

よくあるご質問

修了証は即日もらうことはできますか?

はい、講習を修了され認定されますと修了証を即日お渡しいたします
修了証を即日お渡しするうえでも、事前に氏名、生年月日の情報をお申込み時にいただきますので、お申込み時に備考欄に「氏名」、「生年月日」の入力のご協力をお願いします

自社で安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)を開催してもらうことはできますか?

はい、もちろんです。
御社にお伺いさせていただくことにより、受講者のみなさまの出張費のコスト削減、出張時間の短縮にもなりますので、ぜひご相談ください。
8名より対応させていただきます。

出張していただける場合、地域は決まっていますか?

全国出張対応させていただいています。
関西(大阪、奈良、兵庫、滋賀、和歌山)はもちろん、関西以外に中部(愛知、岐阜、福井、静岡)、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬)、中国(岡山、広島、鳥取、島根、山口)、四国(徳島、香川、愛媛、高知)、九州(福岡、大分、鹿児島、長崎、宮崎、熊本)、東北(宮城、福島、山梨、岩手)からもたくさんご依頼頂いています。 みなさまの会社からお近くの担当講師を派遣させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

安全帯使用従事者特別教育(フルハーネス型特別教育)の短縮教育の出張をしていただくことは可能ですか?

ケースに応じて対応させていただきますので、まずはご連絡くださいませ。

講習のご相談・お申込みについて

以下の「お問い合わせ・お申込みはこちら」からお申込みください。
お問い合わせ内容に案件名を正確にご入力お願いいたします。

お問い合わせ・お申し込みはこちら