メニュー

出張講習

安全衛生教育 出張講習のご案内

労働安全衛生法等に基づいた安全衛生教育をおこないます。

特別教育に準じた教育などの安全衛生教育については、労働安全衛生法に基づき、安全または衛生のための教育の効果的実施を図るためその推進を図るものです。

安全衛生教育の推進については、平成3年1月21日付け基発第39号により新たに「安全衛生教育推進要綱」を定め、今後は同要綱に基づき各種の安全衛生教育を推進することとされています。

きらめき労働オフィスでは、法の趣旨に基づき必要な内容を国の安全衛生機関である中央労働災害防止協会および建設業労働災害防止協会が認める講師が法律に基づいて教育を実施します。

講習を修了しますと修了者として認定されます。

保護具

当オフィスの安全衛生教育の特徴

  • 国の安全衛生機関である中央労働災害防止協会が認定している各インストラクター資格者が教育いたします。
  • 研修のプロの専門家が登壇するため、分かりやすく教育いたします。
  • 大手教育機関では日程の調整がつかない、人数が多すぎて受講できないといった問題に対して、柔軟な日程・カリキュラムを組ませていただきます。
  • 御社にご訪問し、講習をおこなわせていただく出張講習が可能(ご受講10名以上から出張可能です)。
  • 出張講習のため、従業員の出張費、移動時間が節約できます。
  • 社会保険労務士等の専門家も在籍しており、労働災害防止、メンタルヘルス・ハラスメント対策など職場の安全衛生管理について深いアドバイスをさせていただくことも可能です。
  • 講習を修了し認定されますと修了証を即日発行いたします(プラスチック製の修了カードをお渡しいたします)。

安全衛生教育の種類

ペンキ塗り M

有機溶剤取扱業務安全衛生教育

 有機溶剤は、多くの事業場で使用され、その有害性を知らずに取扱い、呼吸器等から体内に吸収されることで災害等が発生している経緯から労働安全衛生法で定められている労働衛生教育です。

振動工具

振動工具取扱作業者安全衛生教育

 振動を伴う工具を長時間使用すると血液の流れや神経の働きを悪くすることがあり、振動障害を発症する恐れがあります。そのため、振動工具を使用する業務従事者に定められた特別教育に準じた教育です。

電動丸のこ M

丸のこ等取扱作業従事者安全衛生教育

携帯用丸のこ盤は、作業方法の問題などにより、この機械による指の切断、大腿部の裂傷等の重篤な災害も多く発生しています。
このため、労働安全衛生法で定められた安全衛生教育です。

水分補給 M

熱中症予防労働衛生教育

 夏場には、職場において熱中症が多発しており、また、熱中症を発症していなくても、暑さによる作業中のふらつき、注意力の低下、熱帯夜による疲労の蓄積等が様々な労働災害の発生に繋がるため、正しい知識と対策予防をおこなうための労働衛生教育です。

女性⑥ M

VDT作業従事者労働衛生教育

近年、IT関連技術の進展に伴いVDT作業に従事する労働者の健康問題があらためてクローズアップされ、そのため、厚生労働省で労働衛生管理を行うための指針を公表し、促進している労働衛生教育です。

ストレッチ M

腰痛予防労働衛生教育

 職場における腰痛の発生を予防するためには、労働衛生教育を実施することにより、作業管理、作業環境管理、健康管理を適切に行い、腰痛発生の要因の排除と軽減を図る事が大切です。そのため厚生労働省で推進している労働衛生教育です。

頑張る新入社員 XS

新入者安全衛生教育

職場における事故・災害や病気を未然に防ぐには、入社時に安全や衛生に関する教育をおこない、基礎知識を身につけることです。そのため、労働安全衛生法で推進している新入社員安全衛生教育です。

設計打ち合わせ M

現場管理者統括管理講習

統括安全衛生責任者の選任は、厚生労働省の通達により、統括安全衛生管理に関する教育を受けた者の中から選任することとされています。そのため必要な現場管理者統括管理講習です。

KYT

危険予知訓練

労働災害防止の取り組みとして、職場に導入して全員が危険予知活動の取り組みができる安全への意識を醸成していきます。危険予知活動(KY活動)についての理解を深め、効果的に使えることを習得していきます。

講習のご相談・お申込みについて

以下の「お問い合わせ・お申込みはこちら」からお申込みください。
お問い合わせ内容に案件名を正確にご入力お願いいたします。

お問い合わせ・お申し込みはこちら