メニュー

ワークライフバランスコンサルティング | きらめき労働オフィス

初回相談無料! お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームはこちら

大阪奈良でワークライフバランス・助成金はきらめき労働オフィス

初回相談無料! お気軽にお問い合わせください!TEL06-4708-4586 お問い合わせフォームはこちら

取扱業務

取 扱 業 務

ワークライフバランスコンサルティング

ワークライフバランスコンサルティング

ワークとライフの相乗効果を生む経営戦略としてのワークライフバランスをご提案いたします。

ワークライフバランスとは、私生活の充実により仕事がうまく進み、仕事がうまくいくことによって私生活も潤うという「仕事と生活の相乗効果(ワークライフシナジー)」です。どちらか一方を選び、どちらかを犠牲にせざるを得ないものではなく、両方を大事にすることで個人は幸せを感じながら成長することができます。そういう個人が集まる組織がこれからの時代においてより成長・発展していくと考えられています。

ワークバランス

ライフでの充実がなければ労働生産性は上がりません。
ライフでの充実をワークに活かすることによりワーク・ライフ・シナジー(相乗効果)を実現していきます!

なぜワークライフバランスに取り組むのか?

工業社会から知識社会へ
ビジネスイメージ

20世紀の日本は人口増加が著しく経済成長期で、そのため大量生産が必要で働けば働くほど企業の成長につながり成長してきました。21世紀に入り2002年から日本人口は減少に転じ、以前の経済成長期のように「早く・安く・大量に」売れる時代ではなくなりました。
モノがあふれる豊かな時代に変化したことにより、マーケットは多様化、今までにない発想や付加価値を提供しなければ売れない時代となり、国内外問わず生き残りが難しい時代になりました。工業社会から知識社会になった今、これからはアイデアや新しい提案をしていく力が必要になります。

少子高齢化問題
ビジネスイメージ

みなさまご存知のように、日本は少子高齢化の国です。
結婚、育児を機に退職する女性がまだまだ多く、仕事と家庭の両立が難しく、辞めざるを得ない方もたくさんいらっしゃいます。

もう一つの隠れた問題として介護問題です。2007年から2009年は団塊世代の方が一斉に定年を迎えられ、10年、15年後になると介護問題に直面します。2022年から両親の介護の問題を抱える方が急増していく中で、今の働き方で仕事と生活の両立できるでしょうか。

女性の活躍推進
画像:ビジネスイメージ

日本は現在も男性社会が色濃く残っており、女性が活躍できる機会がまだまだ整っていないのが現状です。

また少子高齢化問題も深刻で働き手が少ない現状もあります。

これからは優秀な女性を積極的に登用し、男女隔たりなく働きやすい環境や条件整備をしていく必要です。

優秀な人材を登用し多様性のある人材を上手く活用することが今後企業の発展につながります。
女性の活躍がますます求められてくる時代になります。

上記のように、これからはこのような時間的制約を抱えている方の問題に向き合い、多様性のある働き方が求められてきます。また様々なアイデアを活かした働き方も求められてきます。
育児・介護・メンタルといった時間的制約のある社員は、男女を問わず、特別ではなく当然の存在となります。ワークライフバランスはその解決策として、取り組んだ方がよいから取り組むべきものへと変化し、注目を集めています。
個人は、これまでと同じ業務量を短時間でこなすことで、家族と一緒に過ごす経験や自己研鑽の時間が増え、ライフで得た学びはサービスにアイデアという形でワークに跳ね返ります。
企業は、時間的制約を持つ人材を辞めさせずに活用する柔軟な組織を作ることで、残業時間を削減し、経営効率が高まります。多様な人材を活用することにより多様な顧客のニーズを掴むこともできるようになります。

働き方見直しコンサルティング

ビジネスイメージ

ワークライフバランスは福利厚生ではなく、経営戦略です。これを組織内で実現するには働き方の見直しをおこないます。
残業ゼロを実際に実践しながら企業の課題に応じてコンサルティングプランを作成します。ワークライフバランスを推進するトライアルチームを選び、一連のコンサルティングを実施。終了後は、クライアントがコンサルタントに依存することなく、自ら働き方を見直し改善する自走できる組織に変化することをゴールとしています。
今までの長時間残業に頼った働き方では、企業経営は立ち行かなくなります。
育児や介護などの事情を抱えた労働時間に制約のある社員は年々増え続けるため、長時間労働できる人材しか生き残れないという組織のままでは人材を確保できなくなるのです。
誰もが短時間で成果を出せるよう働き方を見直すメリットは、残業削減や社員の離職を防ぐことにとどまりません。様々な立場の社員を登用するからこそ、多様化した市場のニーズに適合した商品・サービスの開発も可能になるのです。
このように無駄な残業を無くして、個人の仕事の生産性を高め、社員のワークライフバランスを実現させ、新たな創造的価値を生み出し、企業の成長につなげるワークライフバランスプログラムを提供しています。

ワークとライフの相乗効果が労働生産性の向上につながります!

ワークとライフの相乗効果が労働生産性の向上につながります!

フロー 一例:働き方見直しコンサルティングフロー

フロー

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 長時間残業が恒常化している。
  • ワークライフバランスに取り組んでいるけど効果が出ない(結局は隠れ残業しているなど)。
  • 新しい発想が生まれず、従業員のモチベーションが低下している。
  • 労働時間の短縮および生産性の高い働き方を身につけたいが、具体的なやり方が分からない。
  • 女性の勤続年数が浅い。結婚、出産を理由に退職している。
  • 女性の育成ができていない。必要なのはわかっているが女性活躍推進がうまくいかない。
  • 休業・時短制度や育児休業制度・介護休業制度を用意しているが、利用できる状況ではない。
  • メンタル不調者の休業や社員の離職が止まらない。

ワークライフバランスに取り組むメリット

  • 従業員のモチベーションが高く、やる気に満ちた職場となる。
  • 労働生産性が上がり、長時間残業がなくなることによりコスト削減につながる。
  • 業務の見直しをおこなうことにより、無駄な部分が改善できる。
  • 自己研鑽やライフでの経験を生かし、従業員から新しい提案や改善案がどんどん出るようになる。
  • 家族の時間も大切にすることにより家族関係が向上し、安心していきいきと仕事に取り組める。
  • 離職者、メンタル不調者が減り、定着率が上がり、育成・教育した社員が能力発揮してくれる。
  • 女性従業員が仕事と家庭を両立し、長く働き続ける環境になる。
  • WLBを推奨している企業のPR、優秀な人材を確保できる。

ワークライフバランスはコストではなく「費用対効果の高い経営戦略」です

きらめきコンサルティングの特徴

  • 長時間残業経験者だからこそ提案できるコンサルティング
    当オフィスのコンサルタントは、過去に長時間労働を経験したことがあります。業務量を減らさず、定時に帰るまでの苦労や困難を経験しているからこそ、お客様に寄り添った実効性のある提案をすることができます。
  • 御社の課題に沿ったオーダーメイドプラン
    100社あれば100通りの課題と解決策があります。きめ細やかな分析とヒアリングを通じて課題を明確にし、御社に最適なコンサルティングプランをご提案します。
  • 現状把握からワークライフバランスの定着までの一貫サポート
    働き方の見直しを行うトライアルチームは約1ヶ月に1度のペースで取り組み成果を発表する定例会を行い、当オフィスからアドバイスいたします。現状把握から定着まで約8か月間の取り組みとなるため定例会を活用することで最後まで意欲を維持して成果に繋げれます。
  • コンサルティングの必要のない自走する組織作り
    「コンサルティングが終わったら働き方が元に戻った」では意味がありません。自発的に話し合うチーム力醸成をサポートし、長期的に継続できる改善策を中心に展開することで、コンサルティング後も自ら働き方を見直し続けることのできる組織への後押しをいたします。
  • ワークライフバランスの最新情報を必要に応じて提供
    多様な業種業界にわたって随時ワークライフバランスについて調査している当オフィスだからこそ、提供できる情報があります。

料金案内

項目料金
働き方見直しコンサルティング ※応相談
講演・研修 100,000~
※応相談
講演・研修は内容、時間により異なります。コンサルティング内容はお客様のご要望によりプランニングいたします。
お打合せにより詳細を決定させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。
※費用はすべて税抜き表示となっております。

 

 

よくあるご質問

現状把握はすでに社内で実施しているため事務局設置から依頼できますか?

はい。ご安心ください。
上記スケジュールはあくまでも一例ですので、お客様のこれまでのお取り組み内容などうかがったうえで、プロジェクトのステップを設計させていただきます。

短期間で成果を出したいのですが、その期間でプログラムを作り依頼できますか?

成果をどのように考えるかにより異なってきます。たとえば、プロジェクトチームの「時間に対する意識」や「業務効率化に対する意識」を変えることを目標とされるのであれば、短期間でも十分成果が期待できます。大幅な残業時間の削減を希望される場合は最短でも8カ月を予定いただくことをおすすめいたします。まずは御社の課題や想定されていらっしゃる成果の内容についてお聞かせください。

講演・研修だけお願いしたいのですができますか?

はい。
講演・研修だけでもお受けいたします。

費用はどの程度になりますか?

プロジェクト内容やプロジェクト参加チーム数、期間等により異なります。
プランのご提案やお見積りは無料にて承りますので、お気軽にお問合わせください。