メニュー

メンタルヘルスコンサルティング | きらめき労働オフィス

初回相談無料! お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームはこちら

大阪奈良でワークライフバランス・助成金はきらめき労働オフィス

初回相談無料! お気軽にお問い合わせください!TEL06-4708-4586 お問い合わせフォームはこちら

取扱業務

取 扱 業 務

メンタルヘルスコンサルティング

メンタルヘルス対策

メンタルヘルス対策の規程整備、社内構築支援はおまかせください。

近年、職場におけるメンタル不調者が50人に1人の割合で発生しています。
職場にメンタルヘルス不調者が出てしまうとその穴埋めのため周囲の人の負担が大きくなり、不満が募り周囲の人のモチベーションを下げてしまい、生産性も下がり、結果として会社のトータルパワーを下げることになりかねません。
場合によっては訴訟に発展してしまうなど、会社のリスクは非常に大きいものになります。
また職場にメンタルヘルス不調者が出てしまうと一人当たり約400万のコストがかかると言われております。
このようにメンタルヘルス対策は、今や会社の福利厚生ではなく、リスク管理や経営戦略としておこなうべきものです。
職場でのメンタルヘルスに関わる人は、それぞれの役割があり、できることが限られています。
会社にできることはメンタルヘルス不調の人を出さないこと(予防)、出てしまったとしても早期に発見し一刻も早く医療機関につなぐことです。そのためには社内でのラインケア体制を構築しておくこと、医療機関など外部の専門家との連携が不可欠です。
当オフィスでは個別の労務上のアドバイスから社内のラインケア体制の構築、管理職への研修まで一貫してサポートいたします。

画像:ビジネスイメージ

メンタルヘルス

リスク低減のための規程等の整備
  • メンタルヘルス対策に対応した就業規則の作成・変更
  • 休業休職規定の作成

問題予防のための社内体制の構築支援

  • 事業主、管理監督者に対するメンタルヘルス研修の実施
  • 従業員に対するメンタルヘルス研修の実施
  • メンタルヘルス対策の体制づくり及び助言・指導
  • 精神科医、臨床心理士、産業カウンセラーなどの専門家の紹介

ストレスチェック制度

ストレスチェック制度導入の社内体制の整備、研修はおまかせください。

平成27年12月1日からストレスチェックと面接指導実施等を義務づける制度が始まりました。
ストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるものです。また、検査結果を集団ごとに集計・分析し、職場におけるストレス要因を評価し、職場環境の改善につなげることでストレスの要因そのものも低減させます。そして、メンタルヘルス不調のリスクの高い者を早期に発見し、医師による面接指導につなげて労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止する取組みです。
従業員数50人未満の企業においては努力義務になっていますが、従業員の健康保持増進を推進するうえでもストレスチェック制度をおすすめいたします。また助成金を受給できる場合がございますのでお気軽にお問合せください。
画像:チェックイメージ

ストレスチェックの実施

従業員を50人以上使用する事業場に対して、ストレスチェックを実施することが義務づけられています(従業員数50人未満の事業場は、当面努力義務になります)。ストレスチェックの実施の頻度は、1年ごとに1回となる予定で、国は標準的な調査票として「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」を推奨する予定としています。
ストレスチェックの結果は実施者から直接本人に通知し、本人の同意がない限りは事業者に提供してはいけません。

面接指導の実施

ストレスチェックの結果の通知を受けた労働者のうち、高ストレス者として面接指導が必要と評価された労働者から申出があったときは、医師による面接指導を行うことが事業者の義務になります。
事業者は、面接指導の結果に基づき、医師の意見を勘案し、必要があると認めるときは、就業上の措置を講じる必要があります。

ストレスチェック制度の社内体制の構築支援

  • 事業主、管理監督者に対するストレスチェック制度研修の実施
  • 従業員に対するストレスチェック制度研修の実施
  • ストレスチェック制度の体制づくり及び助言・指導

出典:厚生労働省HPストレスチェック制度の流れ

出典:厚生労働省HPストレスチェック制度の流れ

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 社内でメンタルヘルス不調者が出てしまい、どう接したらよいのかわからない。
  • 長時間労働が原因でうつ病になったと言われた。
  • うつ病で休職と復職を繰り返している従業員がいる。
  • メンタルヘルス対策を始めたいが、何から始めて良いかわからない。
  • ストレスチェック制度をやらないといけないとわかっているけど、何から始めて良いかわからない。

メンタルヘルス対策をしておかないとリスクを伴います。

メンタルヘルス対策を行うと

  • 従業員が安心していきいきと仕事に取り組める。
  • 従業員のモチベーションが高く、やる気に満ちた職場となる。
  • 従業員同士の人間関係が良好になり、快適な職場作りができている。
  • 労働生産性が上がり、長時間残業がなくなることによりコスト削減につながる。
  • 離職者、メンタル不調者が減り、定着率が上がり、育成・教育した社員が能力発揮してくれる。
  • メンタルヘルス対策を推奨している企業のPR、優秀な人材が確保できる。

メンタルヘルス対策は経営戦略です。

料金案内

講演・研修料金
規程の作成・改定 30,000~
社内体制の構築支援 ※応相談
講演・研修 100,000~
※応相談

※費用はすべて税抜き表示となっております。

  

よくあるご質問

講演・研修のみお願いしたいのですができますか?

はい。当オフィスは講演・研修・講習を得意とします。お客様のご要望により規模や人員構成に応じて、ご要望に沿ってカリキュラムを組ませて頂きますのでまずは一度ご相談ください。

小さい会社でもお願いできますか?

はい。当オフィスでは、法人・個人、規模も問いません。
親身に対応させて頂きますのでご安心ください。